格安スマホのデメリットにハマった。│MVNO選びで気をつけるべき注意点

楽天モバイルの料金プラン・速度・評判まとめ

楽天モバイルの料金プラン

話題の楽天モバイルにはどのような料金プランがあるのでしょうか。ご紹介していきます。毎月自分のスマートフォンにかかる費用と比べながら、どれくらい通信料を低く出来るかお考え下さい。どれだけ節約できるか、楽天モバイルの料金プランを見てみましょう。

料金・初期費用

楽天モバイルの月額プランは、料金形態はデータ通信用SIMと音声通話可能なSIMとで分かれています。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、音声通話SIMを利用したほうがいいですよ。音声通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円です。

ベーシックプランとは、 通信速度が200Kbpsと低速ですが使い放題のプランで、それ以外のプランはヘビーユーザーでも安心のドコモの225MbpsLTE高速回線が使えるプランになっています。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

楽天モバイルの解約縛り

最低利用期間と違約金について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。もし、一年間使用せずに解約してしまうと、違約金『9,800円』の請求を受けることになります。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

楽天モバイルのユニークポイント

楽天モバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。一般的な携帯電話会社からの乗り換えで契約すれば、毎月のスマホ代金もぐんと安くなることが想定されるサービスです。なんといっても毎月の代金が1250円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。信頼の高いドコモ回線を使っている楽天モバイルは、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもNTTドコモのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。さらに、楽天モバイル契約中は楽天市場の買い物で得ることができるポイントが通常の2倍というのもお得ですね。まだ、格安SIMに馴染みの無い方もいると思いますので、楽天モバイル人気の秘訣をまとめてみました。圧縮したスマホ代で何買おうか考えるだけでもう…。

docomo回線を利用した格安スマホ

楽天モバイルを使用するメリットは料金が格安であることに加え、NTT docomoの回線を使用していることがあげられます。言うまでもありませんが、ドコモと完全に同一の通話品質を享受できるほか、つながるエリアのサービスの広さにおいては信用が高いのです。ドコモのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。SIMフリースマホが楽天モバイルにおいて販売されているのであれば、それとセットで購入する事で利用する事も可能です。docomoのスマートフォンを持っているのであれば、楽天モバイルではSIMカードの契約だけで、カンタン便利なだけでなく、新たに購入する必要もなくとてもお得です。信頼のdocomo回線を安く利用できる格安スマホサービスということですね。

セットのSIMフリースマホが大量

楽天モバイル非対応のスマホだった場合、当然のことながらスマホ自体を購入しなければいけません。楽天モバイルでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、楽天モバイルの以外のMVNOと比べても,非常にたくさんの種類があります。スマートフォンだけでなくタブレットも選択可能なため、用途に合わせて利用可能です。ただ気をつけていただきたいのは、端末代金を分割払いにしようとすると、楽天カードが必須という点です。そのため楽天カードを利用していない方は、スマホ代金は分割ではなく、一括払いする必要があります。それでも他のMVNOよりも本体の種類が多いという点は、選択肢の幅が広いので大変魅力的ですよね。

あまったデータ通信量の翌月くりこしに対応

データの通信量の上限は、各プランによって差異がありますが、使用量が少なかった月があると、余ったデータがかなり残ったままということがあると思います。楽天モバイルならば、余った分のデータ容量を、次の月に繰り越すことができます。余ったデータ容量の持ち越しを行っていないMVNOもあるため、繰越しに対応しているということは、楽天モバイルの長所の一つともいえます。無駄なく使うことができるなんて、最高ですね。

通話代がお得な、楽天でんわ

楽天モバイルには,通話料が半額になる「楽天でんわ」というサービスがあります。これは、IP電話とは異なり、プレフィックス型通話というもので、こちらの電話番号が発信先にきちんと通知されます。しかもこの番号通知には普段使っている携帯番号を使うことができます。ですので、電話に関して何の違和感もありません。IP電話では番号を相手に通知することが出来なかったり、050番号が通知されてしまったりして、少々使いづらいですが、楽天電話はその点に関しても非常に使いやすくなっています。また、楽天でんわを使用して発信した通話には、楽天ポイントの加算対象で、使用した分だけポイントになります。とてもお得ですね!つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

5分通話し放題とは?

日本の3大携帯電話サービス会社は、どれも電話かけ放題のプランを用意しておりますが、MVNOの格安スマホでは、多くの場合、いままで通話かけ放題サービスを用意していませんでした。MVNOが出している格安スマホにはかなり惹かれるんだけど、かける回数が多いから電話代が跳ね上がりそうで心配だという人もいるでしょう。そんな人にもってこいのサービスが始まったのです。月額850円で通話し放題のオプションが楽天モバイルから新たに登場しました。ただし、1回の通話が5分以内というものです。しかし回数制限はありません。このプランの電話回線はIP電話ではないので、楽天でんわと同じように、相手方に発信番号が通知されていますので、いつもと変わらぬ使い心地で、なおかつ通話し放題になるという大きなメリットがあります。楽天モバイルと競合する位置にあるのがNifMoで、こちらにもかけ放題のサービスはあるのですが、発信者番号通知がうまくいかない場合が多いとのようです。楽天でんわの利用は1分間で21.6円の通話料がかかるので、通話時間はあまり長くないけど、頻繁に電話をかける方には必須のオプションですね。

最初のひと月は無料

楽天モバイルで格安SIMの契約をすれば、最初の一月の料金が0円になります。その一ヶ月間というのは、契約してSIMカードを所有した日から料金支払いの締め日までの一ヶ月間という意味です。ですので、月初に届くとほぼ1ヶ月分がタダになるということです。しかし、お客様が今ご契約中の他社キャリアにおいての解約手数料・支払い・その他もろもろの手続きなどもおありと思いますので、全ての人が、月初めまでSIMカードの契約を待つのが得策であるとは言いかねます。

楽天モバイルの速度

楽天モバイルの通信サービスは、docomoの高速回線(下り最大225Mbps、上り最大50Mbps)を利用した通信サービスです。スピードに関しては、ドコモと同じ回線なので、速度の心配はいりませんね。そんなドコモの高速通信回線を格安で利用できてしまうのは、何よりも楽天モバイルを使うメリットですよね。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの速度制御

どのMVNOでもそうですが、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。動画を大量に観るなどしなければ、あまりひっかかることはないですね。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

間もなく締切のキャンペーン詳細

Scroll To Top