格安スマホのデメリットにハマった。│MVNO選びで気をつけるべき注意点

楽天モバイルの料金プラン・速度・評判まとめ

楽天モバイルの料金プラン

話題の楽天モバイルにはどのような料金プランがあるのでしょうか。ご紹介していきます。毎月自分のスマートフォンにかかる費用と比べながら、どれくらい通信料を低く出来るかお考え下さい。どれだけ節約できるか、楽天モバイルの料金プランを見てみましょう。

料金・初期費用

楽天モバイルの月額プランは、料金形態はデータ通信用SIMと音声通話可能なSIMとで分かれています。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、音声通話SIMを利用したほうがいいですよ。音声通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円です。

ベーシックプランとは、 通信速度が200Kbpsと低速ですが使い放題のプランで、それ以外のプランはヘビーユーザーでも安心のドコモの225MbpsLTE高速回線が使えるプランになっています。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

楽天モバイルの解約縛り

最低利用期間と違約金について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。もし、一年間使用せずに解約してしまうと、違約金『9,800円』の請求を受けることになります。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

楽天モバイルのユニークポイント

楽天モバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。一般的な携帯電話会社からの乗り換えで契約すれば、毎月のスマホ代金もぐんと安くなることが想定されるサービスです。なんといっても毎月の代金が1250円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。信頼の高いドコモ回線を使っている楽天モバイルは、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもNTTドコモのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。さらに、楽天モバイル契約中は楽天市場の買い物で得ることができるポイントが通常の2倍というのもお得ですね。まだ、格安SIMに馴染みの無い方もいると思いますので、楽天モバイル人気の秘訣をまとめてみました。圧縮したスマホ代で何買おうか考えるだけでもう…。

docomo回線を利用した格安スマホ

楽天モバイルを使用するメリットは料金が格安であることに加え、NTT docomoの回線を使用していることがあげられます。言うまでもありませんが、ドコモと完全に同一の通話品質を享受できるほか、つながるエリアのサービスの広さにおいては信用が高いのです。ドコモのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。SIMフリースマホが楽天モバイルにおいて販売されているのであれば、それとセットで購入する事で利用する事も可能です。docomoのスマートフォンを持っているのであれば、楽天モバイルではSIMカードの契約だけで、カンタン便利なだけでなく、新たに購入する必要もなくとてもお得です。信頼のdocomo回線を安く利用できる格安スマホサービスということですね。

セットのSIMフリースマホが大量

楽天モバイル非対応のスマホだった場合、当然のことながらスマホ自体を購入しなければいけません。楽天モバイルでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、楽天モバイルの以外のMVNOと比べても,非常にたくさんの種類があります。スマートフォンだけでなくタブレットも選択可能なため、用途に合わせて利用可能です。ただ気をつけていただきたいのは、端末代金を分割払いにしようとすると、楽天カードが必須という点です。そのため楽天カードを利用していない方は、スマホ代金は分割ではなく、一括払いする必要があります。それでも他のMVNOよりも本体の種類が多いという点は、選択肢の幅が広いので大変魅力的ですよね。

あまったデータ通信量の翌月くりこしに対応

データの通信量の上限は、各プランによって差異がありますが、使用量が少なかった月があると、余ったデータがかなり残ったままということがあると思います。楽天モバイルならば、余った分のデータ容量を、次の月に繰り越すことができます。余ったデータ容量の持ち越しを行っていないMVNOもあるため、繰越しに対応しているということは、楽天モバイルの長所の一つともいえます。無駄なく使うことができるなんて、最高ですね。

通話代がお得な、楽天でんわ

楽天モバイルには,通話料が半額になる「楽天でんわ」というサービスがあります。これは、IP電話とは異なり、プレフィックス型通話というもので、こちらの電話番号が発信先にきちんと通知されます。しかもこの番号通知には普段使っている携帯番号を使うことができます。ですので、電話に関して何の違和感もありません。IP電話では番号を相手に通知することが出来なかったり、050番号が通知されてしまったりして、少々使いづらいですが、楽天電話はその点に関しても非常に使いやすくなっています。また、楽天でんわを使用して発信した通話には、楽天ポイントの加算対象で、使用した分だけポイントになります。とてもお得ですね!つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

5分通話し放題とは?

日本の3大携帯電話サービス会社は、どれも電話かけ放題のプランを用意しておりますが、MVNOの格安スマホでは、多くの場合、いままで通話かけ放題サービスを用意していませんでした。MVNOが出している格安スマホにはかなり惹かれるんだけど、かける回数が多いから電話代が跳ね上がりそうで心配だという人もいるでしょう。そんな人にもってこいのサービスが始まったのです。月額850円で通話し放題のオプションが楽天モバイルから新たに登場しました。ただし、1回の通話が5分以内というものです。しかし回数制限はありません。このプランの電話回線はIP電話ではないので、楽天でんわと同じように、相手方に発信番号が通知されていますので、いつもと変わらぬ使い心地で、なおかつ通話し放題になるという大きなメリットがあります。楽天モバイルと競合する位置にあるのがNifMoで、こちらにもかけ放題のサービスはあるのですが、発信者番号通知がうまくいかない場合が多いとのようです。楽天でんわの利用は1分間で21.6円の通話料がかかるので、通話時間はあまり長くないけど、頻繁に電話をかける方には必須のオプションですね。

最初のひと月は無料

楽天モバイルで格安SIMの契約をすれば、最初の一月の料金が0円になります。その一ヶ月間というのは、契約してSIMカードを所有した日から料金支払いの締め日までの一ヶ月間という意味です。ですので、月初に届くとほぼ1ヶ月分がタダになるということです。しかし、お客様が今ご契約中の他社キャリアにおいての解約手数料・支払い・その他もろもろの手続きなどもおありと思いますので、全ての人が、月初めまでSIMカードの契約を待つのが得策であるとは言いかねます。

楽天モバイルの速度

楽天モバイルの通信サービスは、docomoの高速回線(下り最大225Mbps、上り最大50Mbps)を利用した通信サービスです。スピードに関しては、ドコモと同じ回線なので、速度の心配はいりませんね。そんなドコモの高速通信回線を格安で利用できてしまうのは、何よりも楽天モバイルを使うメリットですよね。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの速度制御

どのMVNOでもそうですが、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。動画を大量に観るなどしなければ、あまりひっかかることはないですね。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

間もなく締切のキャンペーン詳細

UQモバイルのメリット・デメリット│速度・評判・キャンペーン

UQモバイル評判

さまざまなMVNOが特色のあるサービスを提供していますが、UQモバイルを選ぶことのメリットは、通信速度が最も優れているMVNOだということが言えます。UQモバイルのユーザーもネットの口コミで速度を高く評価していて、プランは多彩ではありませんし、月額料金の価格は、他のMVNOよりも引けをとってしまいますが、それらを割り引いてもこの通信スピードの速さは大きな魅力です。格安スマホの購入を考えている方には魅力的な選択肢となることでしょう。

口コミでも評価の高い通信速度

UQモバイルにはとても優れた利点があります。それは、他社よりも高速かつ安定した通信を実現している点です。複数のMVNOを利用し長所?短所を比較している私でも、特に高速な通信がコンスタントに行えるので、UQモバイルのSIMを最も多く利用しています。もし、知人や家族などに、お勧めのMVNOを聞かれたとします。お勧めするべきMVNOは何が良いか?について考えているなら、私はUQモバイルにするべきだと思います。確かに他社のMVNOよりも、多少お高くはなりますが、通信速度が速いことを考えたら料金は若干高めでも使う価値はあります。

UQモバイルの回線速度

様々なMVNOの中でも、UQモバイルは、ユーザーの間で、通信速度に定評のあるサービスです。格安SIMアワード2015でも結果が出たように、UQモバイルは通信速度部門において見事第一位に輝きました。通信スピードを第一に考える方であれば、UQモバイル以外には考えられないでしょう。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

UQモバイルにおける3日間制限

UQモバイルは、通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。直近3日間のデータ通信の利用容量によってなされるもので、契約時のパックプランの容量を超えたユーザーに対して、通信速度制限が行われます。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。UQモバイルの場合、料金プランごとの規定値は規定されていないようで、各プランで直近3日間で1GBが規定値となっています。

UQmobileって?

UQモバイルはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できます格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。現在話題となっているのが、月々1680円で利用できるSIMサービスです。このスマホは、AUと同じ回線を使っているので、繋がるエリアや通話の品質などもAUのスマホと全く一緒です。UQモバイルは、SMS月額費用無料、テザリングも無料など、付帯サービスでオトクなものが多いです。UQモバイルへのMNPを検討している方の為に、UQモバイルのすべてを網羅したまとめになりますので、ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

AUの基地局を使った格安SIM・格安スマホ!

格安スマホサービス、UQモバイルの回線は、AUの回線を使っています。AUの回線を利用しているので品質レベルはAUと同じで、サービスエリアも広範囲でつながりやすさは信頼できます。AUのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。また、端末はAUから買わなくてはならない訳ではなく、UQモバイルからSIMフリースマホセットで購入することもできます。AUのスマホが手元にあるなら、UQモバイルでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、わざわざUQモバイルにするために高い機種代金を払う必要はありません。UQモバイルとは、AUの回線を使いながら月々の携帯代が安く出来るというサービスです。

高品質通話VoLTE専用プランあり

VoLTE対応プランをいち早く用意したのが、UQモバイル。VoLTEというのは、従来の音声通話よりも格段に音質が改善された、高速データ通信ネットワークでの音声通話を可能にする技術の名称なのです。今までの音声通話で聴くことができる音は、300Hz~3.4kHzの間の音だけでした。しかし、VoLTEでは拾える周波数が50Hz~7kHzまでと、かなり広がったのです。つまり、今までと違い、通話が高音質で出来るようになったということです。UQモバイルの大きな魅力のひとつが、このVoLTEに対応しているということです。

データ繰り越しに対応している

なお、UQモバイルは、データ量が制限内で収まれば、また翌月に通信量が繰り越されて、月によってデータ使用量に変動があるユーザーも、前の月の繰り越しが残っていれば、次の月はそれほど気に留めることなく使用できるので、UQモバイルを使うメリットも大きいと思います。また、UQモバイルには、ターボ機能というものがあり、これは回線を高速(最大150Mbps)と低速(最大200Kbps)を自由に切り替えて使うことができる機能です。データ量の節約ができる機能なので、とても便利で使える機能です。

UQコミュニケーションズの格安スマホの月額料金と解約

UQモバイルの月々の料金設定や速度について説明していきます。今、ご利用中のスマホの料金と比べて、支払額にどのくらいの差があるのか、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。ということで、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

UQモバイルの料金・初期費用

UQモバイルの月額プランは、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。070や080、090といった番号を使用する場合は、音声通話可能SIMを使うことになるので、普通の携帯電話としても使いたいときには、音声通話用のSIMを選び、データ通信用のSIMと間違わないようにしてください。通話SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話SIMプランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データSIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円となっています。

UQmobileの解約縛り

UQモバイルの最低利用期間に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMには最低利用期間がありません。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。音声通話SIMに関しては、12ヶ月の契約縛りがついています。そのため何らかの理由で、一年経っていないのに解約を申込みますと、違約金として9,500円の支払いが必要となります。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、13ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

UQモバイルの限定キャンペーン

Umobileスマホはお得?格安スマホでスマホ代節約

Umobileスマホのチェックポイント

各社が提供している格安スマホサービスのMVNO、その中でも注目を集めているサービスの一つがUmobileですが、日本でも最大クラスの動画配信サービスを手がけているU-NEXTという会社が、新たに立ち上げたものです。
U-NEXTは2015年に東証一部に上場した企業になるため、上場企業ならではの安心・信頼は大きなメリットで、一気に注目を集め、人気MVNOの上位ランキングに位置するようになっています。また、UmobileのプランにはMVNO業界の中では珍しいLTE回線の高速通信使い放題プランが用意されているのも嬉しい特長です。「4G」と呼ばれることもある次世代の高速通信環境を体験したい方にとっては、Umobileこそが選択肢の最有力になると思います。早速で恐縮ですが、Umobileの詳細を調べてみましたので、少しお付き合い頂ければと思います。

docomo回線網を利用した激安なスマホ

豊富な動画コンテンツの配信サービスでおなじみのU-NEXTの格安スマホサービス「Umobile」はNTTdocomoの回線を使ってサービスを提供しています。ですので、通話の品質はdocomoと比べてもなんら変わりはありませんし、docomoと同様のエリアでサービスが利用可能なため、つながりやすさもお墨付きです。docomoで使用できるスマートフォンを所持している場合はたいてい、その機種をUmobileでも使う事ができます。またUmobileでは、SIMフリースマホを販売しています。当然それとセットで購入する事も可能です。既に「docomoのスマホ使ってるよ!」という方は、SIMカードのみの契約が可能!お手持ちのスマホをお使いになることができますので、スマホ本体の購入代金が不要となり、たいへん財布にやさしいプランです。そんなUmobileをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つdocomoと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

LTE使い放題プランがある

Umobileでは、他社との差別化を図るためにLTE無制限プランを設定していて、他のMVNOは殆どLET使い放題というプランが無い為、数あるMVNOの中において、他の追随を許さない人気のサービスになっています。安定して制限なく高速通信を使いたいユーザーにとっては、通信容量を気にする事なく安心して使う事ができるので、このプランを選びたくなるのも頷けます。その上、料金も月額2,730円という低価格な設定。キャリアのプランと比較した場合でも、価格面でも安さが際立っており、非常に優れたプランです。一月当たりの通信量が多い利用者には、非常にお得な料金設定になっていると言えます。特に、高速通信を多く利用されるお客様におすすめしたいMVNOとなっております。Umobile公式サイトに、LTE無制限のプランについて、詳しく記載されてますのでご覧ください。

即日MNPもできる!

Umobileでは、即日MNPの体制が万全なので、同じ番号を容易にそのまま継続利用できます。MNP届け出方式によりUmobileでは、ご自宅にいながらにして、インターネット上での操作で、届け出直後にMNPが行われる仕組みなので、携帯番号がシームレスで使用できます。指定の店舗に来訪して即日MNPを行うのが一般的でしたが、今では、自宅でも旅行先でも、どこででも即日MNPができるようなりました。スマホが使えなくなるのが嫌で、乗り換えをしたいけど迷っていた方も、これで安心して乗り換えができるようになりますね。SIMカードを入手してからすることは、Umobileの会員向けページで回線切替用のボタンを押すことだけです。以前よりもずっと簡単にMNPの手続きができ、格安スマホへの切り替えがより簡単に行えるようになっています。

Umobile月額プランと解約

Umobileの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。Umobileを契約しようかと思案されている方は、今契約しているサービスと対比させて、通信代がどれくらい安くなるのか、じっくりと見比べてみてください。 月額プランの詳細を見てみましょう。

Umobileの料金プラン

Umobileの料金プランは、SIMは大きく2つに分類する事ができ、データ通信だけのものと、データ通信と音声通話のものに分かれています。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、docomoやau、SoftBankを使用していた時と同一の番号を利用したい時は、音声通話SIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMは使えませんのでご注意ください。音声SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円となっています。

その代わりに毎月の料金がLTE使い放題プランと比べると、1月のスマホ月額料金が250円お得になる料金プランです。

Umobileの解約制限について

Umobileの解約制限と解約違約金について、まとめましたので、ご紹介します。解約の話ですが、データ通信専用SIMのみをお使いの場合でしたら、最低利用期間については全く気にすることはありません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。それに対して通話SIMでは6カ月間の縛り期間が定められています。もし何らかの理由により6ヶ月に満たない間に契約を解除する場合は、契約を違反してしまいますと6,000円の費用が発生しますのでご注意お願いします。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、最低利用期間を終えての7ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

LTE使い放題2プランの解約縛り

UmobileのLTE使い放題2プランのみには、他の契約プランとは異なる、解約制限が設けられています。最低利用期間は12ヶ月で、6ヶ月以内に解約すると9,500円の解約違約金を請求されます。6ヶ月を超える7ヶ月~12ヶ月目で解約する場合にも違約金は発生しますが、この場合は3,500円を支払えば解約する事が可能です。プラン変更の場合にも11ヶ月以内のの場合には3,500円の変更手数料が必要になります。以上の様に、他プランとは異なるケースが発生するので念頭に入れておく必要があります。しかし、違約金というデメリットがある一方で、月額料金が割引となるプランのため、長く使っても良い、1年以上は利用するという方には、LTE使い放題プランの方がメリットが大きいと言えます。

Umobileの評判

Umobileといえばコレ、あの高速通信のLTEが使い放題というプランは大きな魅力です。このLTEという通信速度が速い回線が無制限で利用できるというのは、各社が提供している中でも、大変珍しいプラン内容です。通信量を重視した場合は他社から乗り換えれば、毎月のスマホ代を減らすことが出来るかもしれませんね。

通話プラスなら、毎月400~600ポイントバック!

契約者数100万人を突破した、動画配信サービスU-NEXTにおいて使うことができる、U-NEXTポイントが月々、特典として付与されます。月ごとに、LTE使い放題2プランは400ポイント、その他のプランに関しては600ポイントをもらうことができます。「U-NEXT」で作品を1本視聴するのにだいたい300円かかることを元にして考えると、2本前後の視聴料金を毎月ゼロにできるということになります。また作品のジャンルも非常に豊富です。アニメや大人向け作品、そして国内と海外のドラマなど、非常に幅広くラインナップしています。月に3000円以下での料金でポイントが400~600ポイント還元されることは、特典としてはかなりありがたいサービスであると思います。

Umobileの通信速度

多くのMVNOの中でのUモバイルの特徴としては、225Mbpsのdocomo4GLTE回線を利用した人気のサービスとなっています。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。

Umobileでの速度制限

Umobileでは、どの利用者も平等に通信できるようにするため、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしています。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、決められた容量を超過した利用者に対して、データ通信速度を遅くされてしまいます。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。動画を大量に観るなどしなければ、あまりひっかかることはないですね。Umobileは、規定通信量を公表していません。

期間限定のキャンペーン!

mineoの格安スマホキャンペーン情報│料金・速度・制限等のまとめ

ケイ・オプティコムの格安スマホの月額費用と解約

mineoの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、どこまで安くなるのか、どっちが安いのかを、これを読んでわかってもらえたらな。と思っています。では、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

料金プラン・初期費用

mineoのプランは、格安なデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMと二種類の料金体系となっております。音声通話付きSIMは、070/080/090ではじまる番号を使うことができるので、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 音声通話可能なSIMを選ばなければいけません。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データSIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの解約縛りについて

mineoの解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。mineoは利用しなければいけない期間がないMVNOので、解約を行ったときに違約金を用意する必要がありません。「お試し」で格安SIMを利用する場合には、解約違約金は非常にわずらわしいので、格安スマホデビューを考えてる方にはとても、おすすめです。しかし、1年以内に他社に乗り換えると、12,420円の手数料がかかってしまいます。音声SIMを契約する際には気をつけておきましょう。

mineoの通信スピードに関して

mineoのデータ通信の速さについて見ていきましょう。docomo回線プランでは、225MbpsのLTE回線を使えて、AUの回線を使うAプランでも最大225MbpsのAU 4G LTEと同じスピードです。昼間や夜間などのピーク時間帯の通信状態については、多くの通信関係の媒体でいわれている通り、キャリア契約の回線よりもデータ通信速度が速いものはないでしょう。そのため混雑がピークとなる時間帯でも高速通信を行う必要がある場合には、大手キャリアの契約のほうがよろしいかと思います。とはいえ、これほど安い価格設定なので、満足出来るサービス内容だと思います。

mineo AU回線プランの3日制限

mineoは、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、通信速度を制限しています。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。各プランごとの規定容量は設定されておらず、AU回線プランは、各プラン共通で、直近72時間で1GBが規定値に設定されているようです。

mineo Dプランの速度制御0

mineoのdocomo回線を用いたプランでは、直近3日間のデータ通信利用量による、通信速度制限はありません。多い日もあれば少ない日もあるといった具合に、毎日のデータ通信量が全く異なるという方は、au回線プランではなく、ドコモ回線プランの方が、3日制限がありませんので安心して利用できます。日々の回線利用状況に応じて、最適な料金プランを選択するようにして下さい。

mineoのチェックすべき項目

mineoは、auやdocomoと同じ回線を利用した、格安SIMと格安スマートフォンを扱っているMVNOです。mineoの格安スマホサービスは、従来の大手キャリアをお使いの方なら月々のスマホ代が相当額節約できてしまいます。月々の料金が1310円と格安料金設定となっていて大変人気のMVNOです。mineoは国内では初めてとなる複数の携帯電話会社で使えるマルチキャリアに対応していて、docomoとAUの回線プランを選択できるので人気です。電波のエリアや音声品質は全く一緒ですので、節約の味方になる頼もしい存在ですね。mineoって何?という方の為にも、mineoの魅力をぐっと凝縮しました。mineoに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoとAU回線を使った格安SIM・格安スマホ

マルチキャリアMVNOとして、docomo回線プランとAU回線プランを用意しています。通話品質もdocomoやAUのキャリアと変わらない高品質ですし、基地局もdocomo、auのものを使用しているのですから、対応のエリアも全く同じとなります。ドコモやauのスマホをお持ちならそのまま使用することができるため、新しくスマートフォンを購入する必要もありません。高い端末代が必要ないので、お得に乗り換えることが出来ます。SIMフリースマホを購入したいという方でも勿論mineoで購入できるようになっています。docomoやauといった大手キャリアの回線がお好みで選べて、docomoとauの好みの回線を選んで利用することができます。月額料金は多少変わってきますが、その点も含めて検討してみるといいでしょう。

VoLTEプランも用意

mineoではVoLTE対応プランが導入されていることで有名です。この聞き慣れないVoLTEというものは、従来の音声通話よりも音質が格段に改善された、最も新しい通話スタイルのことです。今までの音声通話で聴くことができる音は、300Hz~3.4kHzの間の音だけでした。しかし、VoLTEでは拾える周波数が50Hz~7kHzまでと、かなり広がったのです。従来のものより圧倒的に、高音質で通話が可能になったのです。これはmineo最大の利点の一つです。

データ容量くりこしができる!

mineoの場合では、余った通信量を翌月に繰り越すことも出来、月ごとに使用するデータ量が違う場合にも、気兼ねなく使ってもらえるのは、かなりポイントが高いと思います。

mineoアプリの活用で、通信量を圧縮!

実はmineoスイッチというちょっと便利が機能がmineoにはありまして 、通信速度を、高速と低速に任意で切り替えることも出来ます。この機能はデータ量を無駄に消費することを防いでくれて、通信量の節約ができるお得な仕組みです。mineoqスイッチとWi-Fi(公衆無線LAN)を上手く利用することで、通信料を抑えられるので、mineo内で用意しているより安いプランで済ます事も出来ます。スマホ代のコストカットに大きく役立つでしょう。

【今月開催中】限定キャンペーン

IIJmioの月額料金と解約違約金│料金・速度・口コミの詳細まとめ

IIJmio月額と解約

IIJmioの料金プラン、通信速度などについて紹介します。現在ご利用中のスマホ料金と比べると、どこまで安くなるのか、どっちが安いのかを、是非参考にご覧ください。これから、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

料金プランと初期費用

みおふぉんの料金プランに関しては、データ専用SIMと音声機能付きSIMのどちらかを選ぶことが出来ます。音声通話ができるSIMとは、070・080・090から始まる電話番号が利用できるものですので、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、間違っても、データ専用SIMを選択しないようにしてくださいね。音声SIMの月額プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円となっています。

データSIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの解約制限について

IIJmioの解約縛りと解約違約金、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。解約手数料は無料なので、安心です。みおふぉんだと、12ヶ月の間は、違約金なしに解約できない決まりになっています。12か月以内に契約を解除された際は、手数料として9,000円を徴収されることになります。大手キャリアの場合、縛り期間が自動更新されキャリアと違い、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

IIJmio速度に関して

今や百花繚乱状態にあるMVNO。わけてもIIJmioは、225MbqsのLTE回線を使用したdocomoの価格が自慢のサービスです。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。通信速度は安定的で高速であるため、ネット上の口コミや評判などでも、好印象を持たられているのが事実です。速度が速くて安定している格安スマホを望まれる方にとって、IIJmio以外の選択肢はないといって差支え無いでしょう。

IIJmioにおける通信制限

IIJmioの場合、低速通信を利用していると、直近3日間の通信量によって速度制限がかかってしまうことがあります。それに対して最近の三日間で使った高速通信で使った通信量が多かった場合は、通信速度が制限されることはありません。ユーザーが平等に使えるように、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、規定の通信量を超えた利用者には、通信速度を制限しています。3日間で規定容量を超えなければ、速度制限が自動的に解除となります。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。

IIJmio格安スマホのチェックポイント

株式会社インターネットイニシアティブのMVNOサービス格安SIMと格安スマホのみおふぉんはご存じでしょうか?この株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスの先駆けであり、格安SIMサービスが始まった当初からこのサービスに注目していた人なら、 IIJmioは馴染のある名前です。2015年に実施さた調査では、SIMアワード2015顧客満足度総合部門最優秀賞の栄冠に輝いています。その大きな理由として、ブランドイメージ・充実した顧客サポートが評価されています。前置きはこの辺で、IIJmioのサービス詳細を詳しくまとめましたので、格安スマホで節約したお金で何買いますか?

docomoエリアで使える格安スマホ

有名な格安SIM業者の株式会社インターネットイニシアティブがサービスを提供しているIIJmioは、docomoの回線を利用して実現されているものです。気になる通話品質もdocomoと同じなため、サービスのエリアも広範囲なので問題なく利用出来ます。docomoのスマホなら、大半の機種が、IIJmioでそのまま使えます。IIJmioではSIMフリースマホをセットで購入する事も出来ます。docomoのスマホを使うのであれば、SIMカードだけ購入すればいいので、スマホ本体の購入代金が不要となり、たいへん財布にやさしいプランです。定評のあるdocomoの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがIIJmioというわけなのです。

人気のバースト機能│快適な低速通信

IIJmio、一押しの機能としてバースト機能というものが存在します。あまり知られてはいないと思うので、バースト機能について以下に記します。バースト機能とは、低速通信でも最初の数秒のみ高速通信を行って、WEBサイトのページを早く表示させる機能なのです。この機能があると、低速回線でもインターネットの繋がりやすさが向上し、読み込み時に遅れを感じてイライラさせられることが少なくなり、ブラウジングがより快適になるので、IIJmioにおいて大好評の機能になっています。しかしこの便利なバースト機能は、IIJmioとIIJmioのみに搭載されているのが残念です。

あまったデータ通信量の翌月繰り越し対応してます。

各種プランによってデータの通信量は異なりますが、使用したデータ通信量などが少なかった月には、残ってしまう月もあるでしょう。IIJmioなら、残りのデータ容量を翌月に持ち越すことが可能なのです。このようなデータ容量を翌月に持ち越すことができないMVNOも少なくなく、繰り越しをさせてくれるIIJmioのこのサービスは魅力的です。月々の携帯代が安い上に、無駄なくデータ通信量も使えるのはポイントです。

二世帯でも使える最大10枚!

IIJmioの追加サービスである「ファミリーシェア」なら、SIMカードの利用を10枚まで増やす事ができます。たとえば子沢山の大家族でも、おじいちゃんおばあちゃんも一緒の二世帯家族でも、10人までIIJmioに乗り換えられるので、現在お持ちの携帯料金との差は大きいものとなるはずです。現状、家族全員の携帯代の合計額を把握していますか?計算してみれば、非常に大きいコストカットが出来るはずです。ぜひ、家族全員分のトータルで考えてスマホ代の節約を考えてみてはいかがでしょうか。また、IIJmioならば充実していると評判の電話サポートもあるので、格安スマホのことが良く分からない人でも困ることはありません。みまもりパックをつけることで、有害サイトや不正アプリから守る事ができますので、子供用スマホとしても実用的です。

IIJmioの口コミ

IIJmioのよいところとしては、MVNOとしては老舗であるという安心感と、サポートに対する顧客満足度の高さにあります。実際に顧客満足度調査の格安SIMアワードでの受賞結果からも、利用者の満足度が高いと考えることが出来ます。電話でのサポートも万全であり、初めて格安SIMや格安スマホを利用する方でも、格安スマホデビューするMVNOとしてはオススメできます。

速度も速く、サポートもしっかりしているのが、嬉しい

IIJmioの口コミや評価によると、通信速度が安定していることと、サポートがしっかりしていることが理由のようです。格安SIMアワードの受賞通り、顧客満足度が高いMVNOとして最優秀賞を受賞しています。つまり、IIJmioが一押しの格安スマホであることは間違いないでしょう。数多くあるMVNOの中でブランド力が強くて老舗なので信頼もされているMVNOです。ユーザーの直接の声が反映されている口コミで、評価の高いMVNOですので、初めて格安スマホを選ぶ方でも、おすすめできるMVNOではないでしょうか。

IIJmioのキャンペーン

DMMモバイルの口コミ│メリット・デメリットまとめ

DMMモバイルの口コミ

DMMモバイルを利用した場合、魅力的な点は、なんといっても格安SIMならではの料金の安さと高速通信の速さですよね?月額料金は抑えたいけれども、実行速度が遅いのは嫌だと言う人には、ぜひとも検討しておきたいMVNOであるといえます。DMMモバイルが高評価されている大きな理由は、やっぱりこの料金とスピードの両方がいいってところに集まってます。

通信速度が安定しているのがヘビーユーザーにも良し

DMMモバイルについての口コミででよくあるのが、高速通信の安定性についてです。月々の費用も抑えられる上に、速度も速いので、DMMモバイルはここ最近、多くの人気を集めています。それだけでなく、DMMポイントの還元もされるので、コスパと速度を追求したい方には、DMMモバイルは両方を兼ね備えている、かなり優秀な格安スマホといえますね。DMMモバイルで格安SIMを始めてみませんか。

DMMモバイル格安スマホの特徴

格安SIMでの中で人気があるDMMモバイルは、有名な動画配信サイトのDMM.comが運営しています。ほとんどのプランで業界最安値の料金で提供しているので、DMMモバイルは人気が高いMVNOなのです。月額料金をいかに安くするかを気にする方なら、ぜひ選択肢に入れたいMVNOです。値段だけでなく、通信回線の速度と安定感にも定評があり、ユーザーが快適に通信を行えることから高い評価を受けています。という背景から、DMMモバイルの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。分かりやすくまとめさせて頂いたつもりですので、お気軽にどうぞ♪

docomoネットワークを使った格安スマホ

DMMモバイルはdocomoと同じ回線を使用しています。ですので、通話の品質はdocomoと比べてもなんら変わりはありませんし、docomoと同様のエリアでサービスが利用可能なため、つながりやすさもお墨付きです。docomoのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。DMMmobileではSIMフリースマホをセットで購入する事も出来ます。docomoの端末をお持ちの方に限って、SIMカードを契約するだけで簡単にDMMモバイルを利用することができる為、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。定評のあるdocomoの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがDMMモバイルというわけなのです。

iPhoneも24回払い出来る

DMMモバイルの特徴として、iPhoneが分割で購入できるという点があります。本来ならMVNOというものは、海外の安物の携帯端末しか扱っておらずiPhoneを使いたいと言うユーザーのニーズに応えきれていないのが現状です。一方、DMMモバイルの場合は最新型Phoneまで販売されているので、分割購入でiPhoneを手に入れたいのであれば、DMMモバイル以外の選択肢は考えられません。iPhoneを格安SIMで使い、機種代も分割払いしたいという方は、DMMモバイルが良いでしょう。ただし、DMMモバイルのiphoneは在庫がすぐきれてしまうため、在庫が確認できる状況なら、お早めにお申し込みください。

データ通信料の翌月繰り越しに対応

プランごとにデータ容量が違いますが、通信の使用量は月によって差があるので、使いきれずに余らせてしまうこともあります。しかしDMMモバイルの場合なら、ひと月で使い切れずに余った通信量を、翌月にに余った分をそのまま通常の通信量に上乗せして使うことができます。余ったデータ容量を繰り越すことができないMVNOもありますので、余ったデータ容量を繰り越せるというのはDMMモバイルを選択する理由の一つとなります。データ通信量を繰り越せるサービスを駆使して、お得に格安スマホを使っていきたいですね。

当日中のMNPに対応

即日MNPに対応しているのも、DMMモバイルの魅力の一つです。DMMモバイルではMNPの手続き方法として、「自動方式」と「届け出方式」の2種類を用意しており、インターネット上で簡単な手続きをする事によって、スマホ利用が不能になる期間を生じさせることなくMNP切り替えができます。即日MNPを利用したい場合には、今までは店頭まで行く必要がありましたが、現在は、店舗へ出向かず自宅で、即日MNPができるようになっています。MNPの手続きの際、携帯電話が不通になる期間が気になり、格安スマホへ乗り換えするのを思い止まっていた人でも安心してMNPすることができます。この即日MNPは、SIMカードが届いたらDMMモバイルの会員サイトにアクセスして回線の切り替えボタンをクリックするだけで終了です。簡単な手続きでMNPができますので、ますます格安スマホへの乗り換えがしやすくなっています。

契約中はずっと10%還元!毎月DMM.comのポイントバック!

条件は、DMMモバイルを契約しているということだけで、期間中は、毎月利用した金額の10%がポイントとして還元される、お値打ちキャンペーンが開催されています。月額基本料プラス、通話料やその他のオプション料なども対象ですので、DMM.comでの動画サイトを見る方には、お得なキャンペーンです。DMMモバイルの月額料金は、業界最安値水準にもかかわらず、さらに、このようなポイント還元キャンペーンを行うので、コストパフォーマンスの面で鬼に金棒といった状況です。通信費用を少しでも抑えたいという方には一押しですので、DMMモバイルをご検討頂ければと思います。

人気のバースト機能│快適な低速通信

DMMモバイル、一押しの機能としてバースト機能というものが存在します。耳慣れない言葉だと思いますので、バースト機能についてご説明いたします。バースト機能は、低速で通信をするときに最初の3秒ほどを高速で通信することで、サイトがすべて表示されるまでの時間を短縮させることができる機能です。そのため、低速通信であっても表示される速度が上がるので、インターネット環境をスムーズにし、快適にネットサーフィンを楽しめるようになるので、話題の機能の一つです。今のところバースト機能が使える格安スマホはDMMモバイルの他ではIIJmioくらいしかないので、他のメリットも合わせて考えるとやはりDMMが一押しですね。

DMMモバイル料金と初期費用

DMMモバイルを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。お使いのスマホ料金と比べながら、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、ご参考にして頂ければと思います。それでは、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

DMMmobileの料金プラン

DMMモバイルの料金プランは、格安スマホなどのSIMはデータ通信用と音声通話機能付きの2つがあり、料金が違っているって知ってますか。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので一般的なスマホと同様に電話としても利用したいのであれば、間違っても、データ専用SIMを選択しないようにしてくださいね。音声SIMの月額プランは、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,470円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,970円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,840円、10GBプラン:2,950円、15GBプラン:5,270円、20GBプラン:6,790円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円となっています。

DMMmobileの解約制限について

DMMmobileの解約縛りと解約違約金について、まとめましたので、ご紹介します。DMMモバイルの場合、データSIMの利用期間の縛りはありません。極端な話、初月で解約しても違約金は掛かりません。しかし、通話SIMの場合は、12ヶ月間が最低利用期間となっています。仮に、12ヶ月以内に契約を解除するのであれば、解約手数料9,000円取られますのでご注意ください。決められた期間が自動で更新されてしまう、他キャリアと比べ 、13ヶ月以上経てば、いつ解約しても違約金が掛からないのは嬉しいですね。

DMMモバイルの回線速度

現在、数多くのMVNOが存在していますが、その中でDMMモバイルはdocomoの225MbpsのLTE回線を使用したサービスです。回線速度や対応エリアがそのサービスの魅力の一つとなっています。安定性を保ったまま高速通信が行える点は評判を得ており、ネットで公開されている感想などを読んでみても、高く評価されているMVNOという反応が多く見受けられます。手ごろな料金でサクサクつながる。そんなあり得ないスマホに出会いたい方に、DMMモバイルは最適だといえます。

DMMモバイルでの3日間制限

DMMモバイルでは、低速通信使用の時は、72時間のデーター量によって、速度に制限がかかる時があります。高速通信時には、この3日間の縛りはありません。全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、定められたデータ容量を超えた人に対して、200Kbpsという低速通信を適用します。ここ3日間でのデータ使用量が一定の値を下回れば、通信制限は解除されます。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。

DMMモバイルのキャンペーン

Scroll To Top